じんぼ国男の行財政改革 無駄を減らして、安心・安全につながる施策へ。16年の成果は、数字にも表れています。

平成10年、市長としてまず取り組んだ行財政改革は、全国トップクラスの評価をされています。徹底的に無駄を減らし、市民の安心・安全のために。時代を先取りした成果は、数字にも確実に表れています。

待機児童解消のため保育所の定員を108%増員 特別養護老人ホームの定員を312%増員 市の財政は全国でトップクラスに 犯罪発生件数は57%減少 土地開発公社の債務保証残高を81%削減 市の職員を13.5%削減

じんぼ国男の実現力 マニフェストの達成率98%。「実現」にこだわる神保市政の成果です。

「何を、いつまでに、どれくらいやるか」を明示するマニフェスト。じんぼ国男は平成18年よりマニフェストを導入し、その約98%・87項目※を実現(平成25年度末)。着々と実を結んでいる、実績の一部を紹介します。

※平成22年度から平成25年度まで4年間の政策マニフェスト

子育て支援 教育 福祉 環境 行政改革

戸田市長 じんぼ国男